男と女~いつかは結婚したいのズレ

ワインを飲むカップル

恋人がいてもいなくても、いつかは結婚したいと考える場合、その「いつか」って一体いつでしょうか?

当然ですが、男女では結婚観に大きな開きがあるのが現実。

女性の場合「出産のタイムリミット迄には」という意味、
でも男性の場合、いつかは「今じゃない」という意味
のことが殆どみたいです。

そもそも殆どの女性が彼氏が出来ると「結婚したらこんな生活」という妄想を始めることが多いですね。

色々と考えているのが楽しいし、彼に対して直接言うことはなくても、いつか(つまり出産が出来る間に)
結婚したいなと思っているわけです。

一方男性の場合、結婚の時期について考えることはあまり無いと言っていいでしょう。

どちらかというと、男の場合「今」が大事

無責任とか何も考えていないというわけではなく、恋愛に関しては、
今を頑張り、今を楽しむことが男性の特徴ともいえます。

 


男は加齢と共に結婚したくなくなっていく

結婚の決断を迫る彼女

結婚によって女性は家事、子育てを担う気持が強い反面、仕事を辞めて働かないという選択肢が与えられるような気がしています。専業主婦ですね。

一方男性は、家族を養うという責任感と重労働が待ち構えていると覚悟します

20代半ば頃までは人生経験も浅く、無防備に夢を見る傾向も強い為、とにかく一緒にいたい、自分にはこの人しかいないという強い思い込みもあって、意外と結婚へ突っ走れるカップルが多いですね。

20歳の頃、おじさんやおばさんになっている自分を想像したことがあるでしょうか?

教育費や住宅ローンが払えるかどうか、具体的に考えたことがあるでしょうか?

人生の余計な恐怖感が無く、肉体的な若さという強みが結婚を後押しする力になっているんですね。

 

ところが30代に突入する頃になると、社会人としてそこそこ一人前になってきた男性、
そろそろ結婚した 方がいいんだろうなと思ってはいるのですが・・・。

結婚後に待ち構える責任や重労働、我慢といったものを考えると、
「いや、まだ無理でしょ」「まだ自由でいたい」と思い直します。

じゃあいつになったら?と言われてもとりあえず、今ではない、としか答えられません。

それにとりあえず現状に何も不満がないのです。

こういう男性は彼女がいても、プロポーズしないしいつかするつもり、でずるずる過ごしていたりします。

一方の女性には「出産のタイムリミット」が迫っています。

一向にプロポーズしない、結婚を具体的に考えてくれない彼氏にイライラし不安を抱きはじめます。

 


結婚観の違いを乗り越えていく為に

ラブラブなカップル

男女の結婚に対する意識・結婚観はかなり違います。

男性の言う「いつか」が10年後だというのなら待てるわけはありません。

でも男性は10年後だって、出産可能な若い女性と結婚できるのですから、
女性の本当の焦りにはなかなか気付けないのです

このことが男女の結婚観の違いの大きな要因のなっているといえるでしょう。

この意識の違いを乗り越えて結婚するためには昔のように男性からプロポーズされるのをじっと待つ、というだけでは難しい時代となってきました。

でもプライドが高く、束縛されるのを嫌う男性に、直接的に働きかけてもうまくいかない可能性も。

非常に難しいことですが、プライドを傷つけず、君と結婚したい!と重い腰を上げさせる方法を色んな角度から考えることも現代女性には必要だと思います。

 

まとめ

男女の結婚観はかなり違うもの。女性は出産リミット迄に、男性は「いずれそのうち」。

待っていてもプロポーズはやって来ないかも。女性から上手に働きかけることも大事です。

「事前に聞いておいてよかった・・・・・・」と、心から思います。
本当にこんなことが起こるんですね。

仕事も恋愛も♪バッチリ上手くいくようになりました(・∀・)!

まさか片思いの彼とこんなにラブラブになれるなんて!

テレビや雑誌で活躍する一流占い師が多数在籍!

多くのリピーターに支持されている人気の電話占いサービスで
彼との今後を占ってもらってみては。

サポートセンターも充実していて、初めての方でも安心ですよ。

彼の気持ちや今後の付き合い方など、電話占いで恋の悩みも解決するかも!

 彼との恋愛の行方を占ってもらう

 


結婚にまつわる男性心理の記事